就職活動におけるマナー|大学生が気をつけたいポイント

この記事は約2分で読めます。

就職活動を開始する大学生が心がけたいポイントとして、社会人としてのマナーの厳守です。最低限のマナーも守ることができない人であるという印象を持たれてしまうと、就職活動がうまくいかなくなります。会社見学の時点で相手側にマイナスの印象を持たれてしまうと先が続きませんので、マナーの予習は必須になります。

 

企業訪問のポイント

就職活動の一つの手段として、ホテルやレジャー施設、販売や飲食などの業態であれば、直接店に足を運んでみることが可能です。その会社に入るとどんな仕事をすることになるか、ある程度知ることができるでしょう。大学生が就職活動のため、店舗に見学に行く場合はどのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。客としてサービスを利用する形で訪問する時と、正面から行く時とでは、方法が違います。服装に関しては、客という立場で行くとは、スーツではなくても、それなりに場に合うものを着る必要があります。気がついたことがあれば手帳などに書き残しておいたほうが後々忘れませんが、店が出てからメモをとることが大事です。もし、就職活動のために見学を希望することを明確にするなら、スーツを着るようにします。きちんと自己紹介をして、わからないことは聞くなどした上で、お礼をきちんと言うようにします。

 

まとめ

大学生といっても就職活動にはマナーがありますので、事前に確認をした上で会社訪問をするようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました