就職面接|どのような心構えで臨むべきか

この記事は約2分で読めます。

採用面接でよく聞かれる質問はパターンがありますので、面接対策の本などで調べることができます。

 

就職面接にはパターンがある

就職面接での質問は大体のパターンがありますが、履歴書やエントリーシートを参照する人もいます。就職面接の準備とは、相手が聞きそうなことを想定し、その答えを準備して、心構えをつくっておくことです。以前の会社をどんな理由でやめたかを気にする企業はたくさんありますので、質問の答えは用意しておくべきです。自分をよく見せたいからといって、言い繕うようなことはやめましょう。会社によって求める人材は異なります。もしあなたが就職・転職エージェントなどに登録しているのであれば、内定をもらいたい会社の特性を理解し、それに沿った面接対策をするべきです。自分の就きたい職種に特化したエージェントに登録し、面接対策することが内定への近道です。

エンジニアの転職・独立を目指すなら↓
レバテックの評判|転職も独立も相談できるワンストップエージェント

前職を辞めた理由はしっかり準備を

大きなマイナス要因によって会社を辞めたのであれば、魅せ方を考えた方がいいかもしれません。採用を検討している側も、あまり外の人間には大っぴらに言えないような事情があったということは想定しています。基本的にはありのままを話したほうがいいですが、どんな言い方をすればいいかは悩ましい点です。誰を採用するか決めるまでに、使える時間はそれほど長くありません。ほぼ第一印象で、採用を決めているような会社もあります。どうして職を変えるに行ったのか聞かれた時に、事前に準備していた答え方がてきれば、円滑に就職面接ほ進めるこことができるようになります。

 

まとめ

この場で不適切な態度や言動をとると就職面接に失敗するというプレッシャーから、うまく話せなくなる人もいます。就職面接の質問がどんなことが聞かれるかを細かいところにこだわって想定するよりも、基本的なマインドセットを身につけて堂々と望むことが大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました