就職面接で想定される質問と回答をするときのポイント

この記事は約2分で読めます。

質問に答える形で、就職面接は進行するものです。就職面接担当者は何を知りたくてその質問をしたのか考えて質問に答えることが大切です。基本的な採用面接では、履歴書や職務経歴書を見ながらどんな人かを知り、大まかな経歴や、どんな経験や実績があるかを確認します。今まで自分がどんな経験をしており、何ができるのかを通して、自分はどんな人間かを、まずは企業側に知ってもらいます。

 

就職面接では短所の伝え方に工夫を

自己紹介の次は、さらに一段踏み込んだ質問になります。応募者がどんな人となりかを知るためのものです。あなたの長所を知るとともに、短所がその企業にとってマイナスとならないかを判断したり、あなたのキャリアプランがその企業で実現かのうなのかといったことをチェックします。自分の至らない部分をどう捉えていて、これから先どうつき合っていくつもりがあるかを、客観的な視点で分析する必要があります。キャリアプランについては、自分がその企業で働いているところをイメージして質問に回答してみてください。

 

就職面接ではこちらから質問する準備もしておこう

最後に、何かこちらに聞いておきたいことはないですか、という質問が来ることがあります。面接中に、質問できることを考えておくといいでしょう。質問という形を取ることで、自分がどんなジャンルに関心を持っており、何を知りたいと考えているかを相手に知ってもらえます。就職面接を受ける時には、よくされそうな質問を想定しておく必要があります。その質問で何を面接担当者は知りたいのかを考えて回答をしていくことがポイントです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました