転職動機、自分の中ではっきりしていますか?もう一度じっくり考えて

この記事は約2分で読めます。
転職を無駄に繰り返さないためにも転職動機をしっかり考えよう!

転職活動に取り組む時に大事なことは、転職動機を自分の中ではっきりさせることです。

転職の動機は今更考える必要がないという方もいるでしょうが、もう一度考えることで、新しい発見がある場合もよくあるようです。

もちろん、収入が低いからとか職場の雰囲気が合わないと言った引き金となる理由は明らかでしょう。

仕事や職場を俯瞰で見ての転職判断がされていない事が非常に多いのです。

仕事が自分に適しているか否かには、色々な側面があります。

働く時には、モチベーション高くありたい人もいますし、安定した生活を大事にする人もいまず。

仕事でのスキルアップに喜びを感じる人もいます。いくつかの条件のうち、今の仕事が自分の希望を満たしたものであるならば、あえて転職をすることはありません。

現在の不満が、自分の我慢できるレベルを突破してしまうと、転職することを考えるようになります。

気になる点を強く感じるようになると、他の要素について考えなくなってしまう事が多くなります。

そうした状態で転職してしまうと、確かに仕事の難易度は能力に適して楽になったものの、やりがいがなくなったとか長時間労働で嫌気がさすと言った別の不満が大きくなって、また転職を考えるようになるのです。

こうした転職を繰り返す事態にならないためには、仕事や職場を多面的そして俯瞰的に見て、転職する理由をしっかり考えることが大切です。

どうして自分が転職をしたいと思ったかは、一度じっくりと考えるようにすると、次の会社の採用面接を受ける時の手がかりになることもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました