派遣会社に登録→就業前に必ず知っておきたいポイント

この記事は約2分で読めます。

働く形が多様化しつつある中で、派遣社員として働く時には知っておいたほうがいいことがあります。

 

派遣社員と正社員も違い

派遣社員が正社員と大きく異なる点は、働く期間が事前に決められていることです。

一般的には、正社員は自分自身が退職したいと言うか、よほどのことが起きない限りは、仕事を辞めることなく雇用され続けます。

一方で、派遣会社から紹介してもらった仕事については、事前に就業できる期間が決まっています。

期間が終わったらその会社との契約が終わり、次の会社に行きます。長く勤めたいという意思が最初からない人は、派遣社員として雇用契約を結んだほうが、会社にも本人にもいいでしょう。

ですが、派遣社員として働く人の中には、経験や実績を見込まれることで、正社員への待遇アップが得られることもあります。

派遣会社から紹介される仕事を確認する際には、どんな仕事があり、待遇はどうかだけでなく、雇用条件や期間も事前にチェックしておきましょう。

 

派遣会社によって紹介される仕事は違う

派遣会社によって、コネクションのある企業は違うので、紹介可能な仕事の範囲が違います。

たとえば、事務系の求人が多い派遣会社もあれば、倉庫内や工場内での軽作業の求人が多い派遣会社もあります。

派遣会社に登録するときには、自分はどのタイプの仕事に適正があるかを考慮に入れて選ぶようにするといいかもしれません。

派遣社員として仕事をする時には、複数の派遣会社に登録をして、求人情報を紹介してもらえるチャンスを増やしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました