転職時における面接試験の質問について

この記事は約2分で読めます。

もしも転職をするために採用面接を受けるなら、新卒時の面接と全く違う質問を受けることになります。

転職を希望する場合、面接試験を通過しないと採用されることはありませんので、あらかじめ準備を整えておきましょう。

企業は面接を行って、誰を採用するか決めていますが、中途採用者を採用する時と、新卒者を採用する時は状況が違います。

と今まで違う会社に勤めており、勤め先を変えたいという人が転職活動をします。

かつてと異なり、転職をすること自体は受け入れられていますが、仕事を点々とする人は警戒されがちです。

最近は、転職をする人も多くなりましたが、前の仕事を辞めること自体は、評価ではマイナスになりがちです。

すべての人に対して言えることではありませんが、採用する側からすると、次も辞めてしまうのではないかと心配になるものです。

前の会社を辞めた理由と、応募している会社に入りたいと思った理由を、わかりやすく説明できるようにしましょう。

面接では、長く勤める気持ちはあるか、前の職場を辞めた理由は今回は適用されないかなどが問われます。

どんな事情があって、前の会社を退職するに至ったかや、なぜこの会社を希望したかが聞かれます。

転職活動時の高いハードルの一つが、ネガティブにならないように退職理由や志望動機を言うことです。

この時、いくら以前の仕事に問題があると感じていたとしても、前向きな考えで仕事を退職したと言えるようにしましょう。

次に向いている先に会社や仕事があることが分かれば、面接担当者も転職に至った理由を理解してくれるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました