仕事を自由に選択できる若い世代の人たち

この記事は約2分で読めます。

つける仕事の種類はかなり多くなっており、今の若者たちにとっては仕事の可能性は広大なものがあります。

昔は、生まれた環境でつける仕事は大体決まっていましたし、全く選択肢がない人もいました。

今では、正社員として働かなくても収入が確保できるようになったり、自分の望む働き方が可能なため、選択肢は無数にあります。自分の好きなものが選べるからといって、必ずしも満足度の高い仕事につけているかというと、そうでもない方も大勢います。

仕事の選択幅が広がったことで、かえって納得のいく答えが遠のいてしまい、仕事を転々と変えている人もいます。

自由に対する葛藤とどう向き合うのかが、現代社会の問題になっているのかもしれません。

現在は、ネット社会に突入しており、他の人がどんな暮らしをして、どんな価値観を持っているかが、わかるようになりました。

インターネット用に整えられた情報は、人の目につきやすく、羨望の対象や、注目の的になることもあります。

自分の実情と、ネットに公開されている生活の一部を比べて、落ち込んでしまうような人もいます。

インターネットで公開されている理想的な人生と、自分が実現できていない人生の差に、自己価値が下がる人もいます。

なりたかった自分の姿や、諦めた人生の形をネットの他人の写真から見出すことで、自分の過去の決断に悔いる人もいます。

情報過多の現代では、自分の仕事や選択を他人と比べることなく、どう折り合いをつけるのかが大切になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました