新卒と転職時では異なる就職活動の方法

この記事は約2分で読めます。

就職活動の中でも、新卒採用を対象としたものは、どの企業でも大体似たような採用システムになっています。

企業側の会社説明会やOBによる会社説明会での情報を基に、就活サイトを通してエントリーシートを提出します。

エントリーシートによる一次選考を通過した人は、面接等を経て内定をもらうと言うのが一般的な方法です。

転職活動の時は、決まったスケジュールはありません。

求人が出ている企業を見つけて連絡をし、採用試験を受けます。

新卒を対象とした定期採用では、会社説明会等で直接会社の情報を得る機会は比較的多くなっています。

転職を希望する時は、会社説明会を行う中小企業は多くないので、説明会に行く以外での情報の見つけ方が必要になります。

希望する転職先で働くためには、社会人として自分が積み上げてきたことを振り返り、スキルや実績を見直す必要があります。

採用されるには自分のスキルをしっかりと整理して、会社が求める人材に近い事を訴求しなければなりません。

新卒での就職は、会社側が基礎学力があり、社会や組織に馴染みやすい人材を採用して、自社で育てると言う方法を前提に採用するケースが一般的です。

転職希望者を採用することで、会社としてはその日から活躍してくれるような人材を得ることができます。

転職では新卒採用よりも厳しくチェックされる事を覚悟した上で、就職活動に取り組まなければなりません。

つまり、各企業がどんな事情で人手を増やしたいかによって、新卒者と中途採用者のどちらが必要かが違ってきています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました